2017年08月25日

保存料や化学調味料を一切使っていない「食べるオリーブオイル」


かなり前のことですが食べるラー油というのが流行りましたが、最近「食べるオリーブオイル」というのが話題になっているのを知っていますか?


「食べるオリーブオイル」というのは、細かく刻んだオリーブに少量の唐辛子や玉ねぎ、ちりめんじゃこなど、いろんな具材を加えてオリーブオイルに浸した調味料のことです。まさに食べるラー油のオリーブオイル版ですね。


その「食べるオリーブオイル」がじわじわと人気になってきているそうです。特に、瀬戸内海産のちりめんじゃこをじっくりと焙煎してカリカリに仕上げ、玉ねぎ、しょうがなど12の素材をオリーブオイルに漬け込んだことで人気が上がっているようです。


ご飯のお供にサラダのトッピング、炒飯など、いろんな使い方が出来そうです。保存料や化学調味料を一切使っていないので、健康に気を付けている方に受けているようです。



 美味しいし健康にもいいので、ぜひ一度試してみてください。

 共栄食糧 食べるオリーブオイル 145g

 



 




posted by food at 10:08| 魚介類 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。